今中健二

1972年 神戸市垂水区の生まれ。その後須磨に。
1994年 母親をガンで亡くす。
1996年 徳島大学工学部機械工学科を卒業。
    極真空手に没頭する。空手は後に清心流空手に移籍、北海道チャンピオンになる。
1996年 ㈱ノーリツに入社。工学部入社にかかわらず、理系の研修2ヶ月うけたが宇都宮営業所に営業として配属。
2001年 ノーリツ退社。神戸に戻り、営業力を請われて整体と東洋医学を教える会社に入社
    贛南医学院名誉教授の何懿に師事する。師の授業の際に手だけで盲腸を治したり、心臓病を手で治すこと、意識不明患者さんがツボを圧して目覚める現場を目の当たりにして、より深く中国医学に興味を持つ。
    その後、中国の贛南医学院へ学習の場を移し、一般の学生としてではなく、江西鍼派の流れをくむ伝統学派の個別指導を受けることとなる。
2005年 贛南医学院医学系中医学科を卒業。
2006年 中国江西省新余市第四人民医院にて中医師を取得。骨傷科でリウマチやヘルニアなどの治療を手技にて行う(通常は、漢方や鍼灸)。
2010年 神戸市中央区に㈱同仁広大設立。整体療法院として施術を行う。
2012年 鍼灸学校との交流により、日本の鍼灸学術のレベルに愕然とし、中医学指導に意識を向ける。ブログにて中国医学の学術情報を流し始める。同時期に中国医学の通信講座を開始。この頃から、施術より教育に目覚め出す。
    その背景に昔の母の死が影響しているように思います。中国医学のレベルが上がるほど、母を治療できたのではないかというむなしさ。しかし、それがある患者をきっかけに多くの患者を救うことが、親孝行であることに気がつく。
    そのためには教育者となる必要がある。
2015年 関西の医学生を中心に関西中医学研究会ひょうたんの発足に指導教師として協力。ここから、医師、看護師との交流が広がる。神戸大学医学系准教授と帯状疱疹の共同研究を行うなど。
2017年 神戸市立看護大学にて講義。(現在も継続)
現在  中医学によるガンの講演を各地で行い、神戸、大阪、東京、徳島と中国医学の講座を展開。患者の立場で必要としている医学であることを実感し、より多くの方にその知識を広めていきたい。より多くの方の笑顔のために。
2019年 「胃のむくみをとると健康になる」(サンマーク出版)出版。

プロフィールに入れていませんが、今中家は中臣鎌足を祖先に持ちます。鎌足は遣唐使を中国に派遣し中国文化を世に広めることで、幸せな国作りを行おうとした者。どうやら血を受け継いでいるようです。